のぼりには良いところが沢山ある

のぼりは集客効果アップにもなり、看板を設置するよりも簡単なので利用している人たちは多いです。

のぼりは昔から利用されているものですが、今でも利用者が多いのには理由があります。

それはどんな理由なのでしょう。

《お店の存在をアピールできる》

昔から同じ場所で営業しているならお店の存在はよく知られているでしょうが、新しく開店した場合はまずお店の存在を知ってもらわなければなりません。

まずは近所の人、お店の前を通りかかる人に存在をアピールするのにのぼりは最適なのです。

集客のためにチラシを配布することも考えられますが、チラシは受け取ってもすぐ捨ててしまう人もいますのであまり見てもらえません。

その点、のぼりは風になびいていると通りかかる人の目に留まりやすいのです。

《コストパフォーマンスが高い》

のぼりはコストパフォーマンスの高さにも定評があります。

のぼりの制作会社はたくさんありますが、値段をみてみるとだいたいのぼり1本あたり1000円前後と大変安いのです。

その上、のぼりは平均して3か月くらい使用可能です。

あまりコストはかけられないが、集客はしたいという人にぴったりのものなのです。

《いつでも交換OKな看板》

のぼりの良いところはまだあります。

それが、いつでも交換できるということです。

看板は一度作って設置してしまったらそう簡単に交換することはできません。

しかしのぼりの場合は、簡単に付け替えることが可能なのです。

開店前と開店後でそれぞれ変えることもできますから、いつでも交換可能な看板として使えます。

□わかりにくい場所ならのぼりでPRしたほうがよさそうですね。参考記事:尾張旭まち案内「どこ?」 中が見えず目立たず:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)